いつまでゴマアレルギーで悩まなければならないのか

アレルギーは基本的にはその原因物質を体に接触させないことで防ぐことができるのですが、食物アレルギーの場合は一生その物質を食べることができないので、ゴマのように日本人に馴染みの深い食べ物でアレルギー反応が出てしまうと毎日の食生活で気を付けなければならないので、外食などではゴマが含んでいる可能性のある食べ物をレストランなどで食べることができません。ゴマアレルギーがいつまで続くのかについては一般的には生涯続くと考えられていますが、花粉症のように減感作療法が発達した場合にはゴマアレルギーを克服することができるかもしれないので、いつまでもゴマを避けた生活をしなくても良くなる可能性がありますが、現在は事前にアレルギー剤を服用するなどしてアレルギーを軽減することしかできないので、外食をするときには必ず確認をしなければなりません。気管支喘息等の場合はいつまでも症状が出るものではないので成人すると喘息の症状が出ることがなくなりますが、ゴマなどの食物アレルギーの場合には消化器系が免疫反応を起こしているので、生涯食べることができないと考えるのが一般的です。ゴマは日本料理だけでなく中華料理や韓国料理などでも頻繁に使用される食材なので、インスタント食品を食べる場合には日本のメーカーのものには原因物質の表示がありますが、中国のメーカーや韓国メーカーのものには原因物質の表示がないので注意をしないとごま油などが使用されていることもあります。また体調が悪い時や免疫力が低下している時だけ症状が出てしまう人もいるのですが、この場合には食べ続けることで免疫反応が過剰になることがあるので、ゴマで体調を崩したことがある場合には食べないように心がけなければなりません。