ねこや動物のアレルギーもある

現代人にとって、アレルギーがあるといっても珍しくありません。アレルギーというと代表的なのは、花粉症です。スギ花粉やヒノキの花粉によって、体に反応がでて鼻水がでたりくしゃみが出たり頭痛が起こるということになります。そのほかにダニとか食品に関して反応がでてしまうということもあります。いずれにしても、体に強く反応がでるのでわかります。
そのほかに、じつは動物でもアレルギーがでてしまうことがあります。それが犬や猫、そのほかの動物に反応してアレルギーがでてしまうということです。犬や猫のような動物でアレルギーがでることをきちんと理解しないで、飼ってしまうとあとから、大変なことがあります。風邪のような咳がでていつまでも治らなかったり、体に湿疹がでる場合もあります。
また妊娠によって体質がかわってさまざまな症状がでて、血液検査をやってようやくわかることもあります。
また、生まれた赤ちゃんは、動物アレルギーだったということもあります。それもはじめは、それに気がつかないことがあります。
赤ちゃんは皮膚や呼吸器官が未熟なので、なにが原因でそのような症状がでているのか、はっきりとわからないこともあるからです。でも動物と話すことででていた喘息が治まったり、血液検査によってしっかりとねこや動物のアレルギーがあることがわかっていくのです。対策としては、一番は、動物を隔離することです。
かわいがっていた動物を飼えなくなるのはとてもつらいですが、それによって自分が子供が体調が悪いのはもっとつらいことです。
犬やねこを手放すのはつらいですが、どうしても致し方ないということも起こるのです。そのときはねこや犬を飼ってくれる人をしっかりと探したほうがいいです。