アレルギーと鈴木聖子先生の食品早見表と香辛料

鈴木聖子先生は小児免疫アレルギーなどについての実践セミナーなどを開催している医師で、アレルギー食品早見表などを用いて分かりやすく小さい子どもたちとアレルギー食品の関係を説明する講演会などを全国で行っています。鈴木聖子先生はアレルギーを起こしやすい食品を分類することによって、調理された食品やインスタント食品、外食などにおける原因物質の特定を簡単に説明していて、とくに小児の場合には免疫の過剰な反応が起きると全身の症状として出やすいことから多くの母親が鈴木聖子先生のアレルギー食品早見表などを利用しながら学んでいます。香辛料に関しては料理をするときに少量ずつ使用されるのが一般的なので気が付かないまま食べてしまう可能性が非常に高くなっていて、唐辛子などの大きめのサイズの香辛料でもスープなどに使われていると気が付きにくいので、レストランなどでも香辛料の表示の義務付けがないとアレルギー患者にとっては料理の選択が難しくなってしまいます。香辛料のアレルギーは特に唐辛子などが有名で刺激が強いことから症状がひどくなることが多いので注意が必要です。また食物アレルギーは放置しておくと症状が悪化してしまって、最終的にはアナフィラキシーショックを起こすこともあるので、パッチテストなどを行って、原因物質を特定したら、その食品が添加されているメニューを食べないことが重要となります。また卵などの場合はお菓子などにも含まれていて、卵を含んでいるお菓子と同じ工場で製造された製品にも卵白などが混入している可能性があるので、重い症状が出る場合には表示をしっかりと確認して、同じ工場でどのようなものが作られているかを知ることが大切です。