アレルギーに関する補償問題と加工食品の表示

加工食品の表示にはアレルギーを起こしやすい食材が記載されていて、これを見ることでアレルギーの原因物質が含まれていることを事前に知ることができるのですが、アレルギーの原因物質はたくさんあるので細かいものを含めて記載するのは不可能とされています。このため大きく分類をして穀物や乳製品などと表示されていることも多く、これらの表示がない場合には補償問題にもなりかねないので、ほとんどの食品にアレルギーの原因物質は記載されています。また加工食品を製造していた工場のラインで原因物質を使っていると他の加工食品にも極微量に含まれていることがあるので、工場の同じラインで製造されている食品の表示をしなければなりません。アレルギーが原因の補償問題としては給食を食べた児童が乳製品アレルギーによる呼吸困難で重篤な症状になった事故などがあるのですが、年齢が低い児童の場合には教師がしっかりと見守っておかないとアレルギー物質が含まれている給食を誤って食べることもあるので、学校や教師に対する補償問題に発展することもあります。加工食品の表示に関しては様々な材料が使われていて、他にも添加物なども数多く使われているので、全てに関してアレルギー表示するのが難しいのですが、補償問題に発展することを考えるとパッケージの側面などに細かな表示を記載して、同じ工場のラインで使用されている原因物質を記載することは全ての人に対してメリットが大きいので、機能性食品等の場合は大きく原因物質を記載しています。給食でも加工食品が使われているのですが、これに関しては給食を作っている会社などに責任があるので、重篤な症状がでることを認識して十分な表示を心がけることが必要です。